スポーツ論入門  佛教大学 2023年

閲覧数356
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員440円 | 非会員528円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自己の運動(スポーツ)体験を通して獲得したもの、これから獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。 

    はじめに
    私は高校生の頃に柔道部に所属して毎日厳しい練習をしていた。そして大学生・社会人となってから結婚するまでは、毎週末に体育館へ行き、柔道をして汗を流していた。現在は、勤務先の視覚支援学校でフロアバレーボール部の顧問をしていて、なるべく生徒たちと試合形式の練習に参加し、汗を流している。
    高校生時代から結婚するまでの柔道部での体験を通して獲得したものと、現在のフロアバレーボール部を通じて獲得しようとしているものに関して述べる。

    1.自己の運動(スポーツ)体験を通して獲得したもの
    高校生の頃、柔道部に入学した最初は、ただただ技術を習得することに必死で、練習に参加していました。柔道を始めて、1年生の夏に昇段試験があり、すぐに初段を取る男子が2人いました。中学時代に、野球とバスケットボールをしていた男子でした。黒帯になれなかった子が多かったものの、悔しかったことを今でも覚えています。同じ練習時間なのに、どうしてその男子は初段になれ、黒帯を手に入れられたのか。闇練をしようと心に決め...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。