地域福祉の理論と方法

閲覧数388
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員220円 | 非会員264円

    資料紹介

    あくまで参考程度にお使いください。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名 地域福祉の理論と方法‐① 学籍番号  氏名 
    課題名 「福祉教育の概念と内容について、地域福祉推進の意義に留意して述べなさい。(1,200字以内厳守)」

     社会福祉法が制定され、同1条に地域福祉の推進を図ることが規定された。また、同法4条ではノーマライゼーションやソーシャル・インクルージョンの理念を踏まえ、これからの地域福祉の推進にあたっては、地域住民や社会福祉を目的とする事業経営者、社会福祉の活動者がそれぞれ相互に協力するように努めなければならないと規定されているのである。今後、地域住民の主体性を尊重しながら、社会福祉に対する理解と協力、そして積極的な参加を得て、それぞれの地域の中で共生の文化を創造していく事が重要である。その中でも住民の主体形成が特に重要になってくるのだ。

     「福祉教育の定義について、『憲法で第13条、第25条等に規定された基本的人権を前提にして成り立つ平和と民主主義社会をつくりあげるために、歴史的にも社会的にも疎外されてきた社会福祉問題を素材として学習することであり、それらとの切り結びをとおして社会福祉制度・活動への関心と理解をすすめ、自らの人間形成を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。