医学的リハビリテーションの諸段階それぞれの要点をまとめ、その際必要となる障害の評価について論ぜよ。 聖徳大学 A評価

閲覧数624
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    聖徳大学の医学一般Ⅱ第1課題です。
    ・課題内容『医学的リハビリテーションの諸段階それぞれの要点をまとめ、その際必要となる障害の評価について論ぜよ。』
    ・評価と講評
    『A』良く書けています。

    ※丸写しはせず、参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1
    第 1 課 題 第 1 設 題
    医 学 的 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン は 一 般 に 「 急 性 期 」 「 回 復
    期 」 「 生 活 期 」 に 分 け ら れ て い る 。
    急 性 期 リ ハ ビ リ テ ー シ ョ ン は 発 症 か ら す ぐ に 開 始 さ
    れ る べ き も の で 、 安 静 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ る 二 次 合
    併 症 の 予 防 に 重 点 が 置 か れ て い る 。 患 者 が 意 識 を 失 っ
    て い る 場 合 で も 、 意 識 の 回 復 を 待 た ず に ベ ッ ド 上 で リ
    ハ ビ リ を 開 始 す る 。 具 体 的 に は 定 期 的 な 体 位 変 換 や 、
    前 身 の 関 節 を 十 分 に 動 か す 関 節 可 動 域 運 動 な ど を 行 う 。
    こ れ を 行 わ な い と 、 関 節 拘 縮 や 床 ず れ を 起 こ し て し ま
    い 、 症 状 が 回 復 し た と し て も 、 手 足 の 関 節 が 異 常 な 角
    度 で 拘 縮 し て い る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。