高齢者に対する支援と介護保険制度①

閲覧数360
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【科目】高齢者に対する支援と介護保険制度【課題】平成29年度の介護保険制度改正について述べよ【採点結果:A判定】
    そのままの提出はお控えください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「2025 年問題」とは、いわゆる団塊の世代が 2025 年までに後期高齢者に達し、それに
    伴い①社会保障費の急増が懸念される②労働人口の減少によるサービスの需要と供給の
    格差拡大が生じる、といった問題である。これらの問題を解消すべく、2017 年に介護保
    険制度改正が行われた。今回の改正の大きな概要を以下に記していく。
    まず、新しい地域支援事業として、これまで要支援者に提供されていた介護予防訪問介
    護と介護予防通所介護が予防給付の対象外となり、地域支援事業に移行することとなった
    。それぞれ「訪問型サービス」「通所型サービス」として見直されることとなる。要支援
    者に対するサービス事業の実施方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。