【2019~2022年度】日本大学通信 広告論 課題2 合格レポート

閲覧数1,693
ダウンロード数10
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    2019~2022年度 日大通信 情報概論 課題21の合格レポートです。より良いレポートを書くためのお役にたてると幸いです。

    ブランドの概念を「競争の視点」と「財務の視点」の二局面から理解し、ブランド・エクイティの有効性をテキスト以外の事例と共に論述せよ。

    講評: 全体的によくまとまっているリポートで合格です。

    参考文献:  「広告コミュニケーション」 雨宮 史卓

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    広告論2 S30900 新教材
    ブランドの概念を「競争の視点」と「財務の視点」の二局面から理解し、ブランド・エクイティの有効性をテ
    キスト以外の事例と共に論述せよ。
    <ポイント>
    まず、「競争の視点」については、ブランドの定義を頭に入れた上で、競争優位の源泉としてのブランド概念
    を理解し、テキスト以外の事例と共に述べてください。
    次に、「財務の視点」はブランド・エクイティの五つの構成要素の内容を理解し、資産価値としてのブランド
    概念を念頭に置いてください。
    <キーワード>
    ブランド価値、ブランド・エクイティ、ブランド・アイデンティティ、競争優位性 など
    本リポートでは、ブランド・エクイティの有効性について、事例を挙げて説明する。
    ブランドについては、「競争の視点」と「財務の視点」の 2 点から理解することが重要である。ここでは、ま
    ず、競争の視点からブランドの定義を「名前、用語、サイン、シンボル、デザイン、あるいはそれらの組み合
    わせであり、ある売り手の商品を競争者から区別する目的でつけられたもの」と規定する。つまり、顧客側で
    は、そのブランドの様々なイメージができ他の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。