英語学研究 最終試験レポート

閲覧数405
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    英語学研究 最終試験レポート

    【設題内容】動詞のグラウンディングの仕組を具体例とともに示しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語学研究 最終試験レポート
    動詞のグラウンディングの仕組を具体例とともに示しなさい。
    【はじめに】
     発話の場において、話し手と聞き手の間にある言語表現を繋ぎとめることをグラウンディングといい、動詞はグラウンディングの働きにより時制や話し手の心的態度が限定されることがある。そうすることで話し手の内容はより限定され、聞き手にとっても分かりやすい会話が成立するのである。動詞のグラウンディングは「アスペクト・テンス・モダリティ」の3つの要素から成るが、そのうち直接的にグラウンディングに関わるのはテンスとモダリティである。そこでこのレポートではこの2つを軸にグラウンディングの仕組みを示し、アスペクトはテンスの内部に関連する要素である為、テンスとまとめて説明する。
    【テンスとは】
     テンスとは会話における時制が過去か現在かを決定する動詞であり、その為には動詞の語尾を変化させなければならない。例えば"My sister clean her room."という例文において、名詞はMyやher roomによってグラウンディングされ、誰の何の話をしているのかが明確になっているが、この動作がいつ行われて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。