刑法(総論)①

閲覧数399
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    被害者の承諾とは、法益主体である被害者が自己の法益を放棄し、その傷害に承諾又は
    同意を与えることである。被害者の承諾が構成要件該当性の正否に与える影響については
    以下の通りにわけられる。
    1.構成要件該当性を阻却する場合。消極的構成要件該当性を否定すし、その行為が被害者
    の意志に反する違反行為(強姦[177 条前段]、集団強姦[178 条の 2])になる。被害者の承諾
    がその構成要件該当性を失わせる場合は、「被害者の承諾のないことが明示的または黙示的
    に構成要件の内容とされている罪」(住居侵入罪[130 条]、窃盗罪[235 条]など)と解釈され
    る。
    2.違法性減軽事由となる場合。被害者の承諾が構成要件要素とする犯罪類型として法定さ
    れており、被害者の承諾がない場合(殺人罪[199 条]、不同意堕胎罪[215 条 1 項]など)と比
    べ、被害者の承諾がある場合(承諾殺人罪[202 条]、同意堕胎罪[213 条]など)よりも違法性
    を軽減させる効果が認められる。
    3.構成要件上、承諾が意味を有しない場合。被害者が 13 歳未満の者への強制わいせつ[176
    条後段]、強姦[177 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。