初等教育相談の基礎と方法(2単位目)

閲覧数243
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    明星大学 通信教育学部  合格レポート
    PB3100 初等教育相談の基礎と方法 (2単位目)

    明星大学の教科書や、その他の参考文献も丁寧に読んでいます。
    その後、「科目の到達目標」に沿った勉強をしてから、レポートを書いています。レポートを書いてから、テスト前にテスト勉強をするのではなく、テスト勉強を同時進行する形で進めてきました。
    また、レポートを作成する際には、課題に対して的確に回答できるよう、意識しました。
    各教科の課題、本文に加え、評価についても載せています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学レポート PB3100 初等教育相談の基礎と方法
    〈 レポート課題(2単位目) 〉
    1.発達障害のある子どもを通常学級においてどのように支援したらよいか、一つの発達
    障害を取り上げ、述べなさい。
    2.「いじめ」「不登校」「障害がある、あるいはそれを疑う子どもの保護者への支援」「困
    った保護者への支援」の問題のうち、いずれか一つを選んで、その理解と支援の方法を
    述べなさい。
    〈レポート本文〉
    1.
    はじめに、発達障害などの支援の必要な児童に対しての支援の考え方は、ノーマライゼ
    ーションの理念であり、学校ではインクルーシブ教育を目指さなければならない。また、
    生物・心理・社会の三つの側面から障害の状況を判断し、支援する必要があり、これを「生
    物・心理・社会モデル」という。したがって、問題を作っている状況全体を改善しなけれ
    ばならない。また、発達障害の特性は、行動の原因ではなく、一定の条件が重なった時に
    起こりやすい結果や現象であることに留意しなければならない。
    そして、日々の一次的援助を根底に行うことが重要である。そのためには、すべての子
    どもに対して、「授業がわかっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。