環境と貿易

閲覧数1,295
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員660円 | 非会員792円

    資料紹介

    「貿易の自由化と環境保護の関係について」2000字で論じています。

    タグ

    法学国際私法

    代表キーワード

    法学国際私法環境と貿易

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【国際法】
    貿易の自由化と環境保護の関係について、具体的なケースに言及しながら説明せよ。
    様々な地球環境問題が、国際政治、国内政治の場で関心を集めているが、特に深刻なの
    は、大気、水資源、生物資源など世界全体が共有する国際公共財またはグローバル・コモ
    ンズともいえる財産の破壊である。独立、平等の主権国家から形成される国際社会では、
    所有権を与え、それを認証・管理・執行する権力を持つ世界国家は存在しない。このよう
    な国際公共財について一国の政府が行うような解決は困難である。ある国の汚染が増加し
    たり削減したりすると、その効果は自国だけでなく地球全体に及ぶ。また、オープン・ア
    クセスの国際公共財では、ある国が環境保護のために対策を行ったとしても、他国はその
    ような対策に同調するどころか、これを利用して漁夫の利を得るという状況が生じ得る。
    たとえば、漁獲量削減などでは顕著であり、ある国が漁獲量を削減した分、他国がこれに
    ただ乗りして逆に漁獲量を増加させようとすることが考えられる。国際社会では主権国家
    に強制する権力を持つ主体は存在しないため、環境保護にはこのようなフリー・ライダー
    問題が...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。