これからの教員に求められる資質能力(日本大学通信教育部 教職実践演習課題)

閲覧数2,165
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    これからの教員に求められる資質能力について。(1500文字以内)

    日本大学通信教育部 教職実践演習課題(令和年度 最新版)

    令和時代における教員採用試験の論作文・小論文や面接・集団討論の最新の模範解答としても利用できます。
    私自身も教員採用試験において、集団面接や個人面接でこの内容を話し、初年度で合格しました。

    あくまでも参考としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    これからの教員に求められる資質能力とは
    日本大学通信教育部 教職実践演習課題
    現在の日本は、これまでになく変化の激しい社会情勢を迎えており、この傾向はこれか
    ら先の日本社会においても変わることはないだろう。それどころか、ますますこの傾向に
    拍車がかかっていくと考えられる。グローバル化、情報化、多様化、少子化、高齢化など
    様々な複雑な問題を抱えている。そういった社会で、ひとりひとりの子どもたちが個々の
    能力を発揮し、有意義で満足できる人生を送り、社会に貢献できるような力を育むために
    求められる教員像や教員の資質能力は非常に重要なものである。そのための資質能力につ
    て以下に述べていきたい。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。