佛教大学 介護等体験(R)合格 最新レポート2020

閲覧数196
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員770円 | 非会員924円

    資料紹介

    介護等体験の必要性について、あなたが取得予定の教員免許(主免)との関係で論じなさい。その際、教職に求められる能力や資質についても言及すること。についてのレポートです。

    よくまとめられていますとフィードバック頂きました。
    引用の仕方、参考文献の書き方の参考にもなるレポートになっております。また、スクーリングのさいにあった試験の写しも、掲載しております。レポートを作成しつつ、参考文献の書き方、引用の方法を学べるレポートになっております。
    質の高いレポート作成の参考になれば幸いです。

    盗用・剽窃おやめください。丸写しはおやめください。大学の罰則対象になります。
    あくまでも皆様の参考としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護等体験指導(R)
    第 1 設題 介護等体験の必要性について、あなたが取得予定の教員免許(主免)との関係
    で論じなさい。その際、教職に求められる能力や資質についても言及すること。(1600)
    介護等体験の意義や必要性
    今や、学校に障害(視覚、聴覚、肢体不自由者等)をもった生徒と授業や学校行事を体
    験することや、認知症や日常の動作が困難な家族がいるという理由で、福祉施設を利用す
    るという経験、体験、勉強する機会が増えており、私達にかなり身近な存在になっている。
    しかし、一方で障害をもつ生徒はかわいそう、福祉施設利用することなどにマイナスイメ
    ージが付きまとう。そこで改めて、介護等体験の意義をみつめなおすことで、介護等体験
    の必要性や、障害をもつ児童生徒や福祉施設の利用者の方々に対して、正しい知識を身に
    つけ、自身の取得予定の主免との関係を考えていきたい。
    1.介護等体験の意義とは
    介護等体験は、小学校・中学校の教員免許を取得する際に、障害のある児童生徒や高齢
    者などと直接かかわる体験を通して、将来教員として必要となる「命の尊厳」「人権意識」
    を学ぶために 1998 年から始ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。