国際政治学 課題1

閲覧数1,486
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Q0705 国際政治学 第 1 設題
    (1)
    国際政治経済学の理論(リアリズム・リベラリズム・マルキシズム・コ
    ン ストラ クテ ィヴィ ズム) につい て説明 しな さい。
    1. リ アリズ ム
    リアリズムとは、ヨーロッパでの主権国家間の国益の追求と勢力均衡
    重視の考え方から発展してきた国際政治における理論である。リアリズ
    ムでは、主権国家が国際関係における基本的なアクターであり、各アク
    ターは国家の生き残りを至上の国益として追究するとされる。また、国
    益実現のための手段として、経済力や技術力も含めた軍事力などの国力
    を 重視す る。
    リアリズムの経済的側面を重商主義と呼ぶことがあり、関税などによ
    る国益保護・富の蓄積が代表的政策であるが、第二次大戦後の自由貿易
    の風潮とともに重商主義は衰退した。ニクソンショック・オイルショッ
    クによる経済混乱のもと、リアリストは各国政府は限りある資源争奪の
    ため、保護主義的政策をとるようになると主張した。これに対しギルピ
    ンは政治 につ いては 安全保 障のた めリ アリズ ムがと られるが 、経済 につ
    い ては...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。