【佛教大学】Z1802 【介護等体験研究】【第1設題】A判定

閲覧数164
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1802 介護等体験研究 第 1 設題
    (1)
    設 題:な ぜ、 介護等 体験が 小学校 ・中 学校の 普通免 許状の取 得のた に必
    要 なのか 、特 別支援 教育の 文脈で はな く、広 く教職 一般に必 要な力 との
    関 係で論 じな さい。
    序章
    少 子 化 の 時 代にあ る今日 におい て、義 務教 育に従 事する職 員に 「 個人
    の 尊重及 び社 会連携 の理念 に関す る認識 」を 深めて もらい、 義務教 育の
    一 層の充 実を 期する ことを 趣旨と して 「 介護 等体験 特例法」 は制定 され
    た。小学 校・ 中学校の普通 免許状 を取得 する には、 特別支援 学校に おい
    て 2日間 、社 会福祉 施設に おいて 5日間 の介 護等体 験を義務 付けら れて
    い る。
    本 レ ポ ー ト では、 なぜ介 護等 体 験が小 学校 ・中学 校の普通 免許状 の取
    得 のため に必 要なの か、特 別支援 教育の 文脈 ではな く、広く 教職一 般に
    必 要な力 との 関係で 論じ、 学 校現 場にお いて 、一人 ひとりの 子ども の可
    能 性を見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。