【佛教大学】N6705文学概論第2設題 2020年度 受理

閲覧数272
ダウンロード数6
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年対応、佛教大学、文学概論の第2設題のリポートです。テキストのみで書き上げたリポートで、担当教員からは、設題の留意点に注意し、テキストの内容に即して説明できていると諸見を頂きました。参考にして下さい。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
    以下 3 点 に ついて 、テキ スト の内容 に即し て説明 せよ。 丸カッ コ内 の
    作 品の例 をあ げつつ 記述す ること 。
    4 文学作 品に おける 「テク ストの 空白 」( 森 鴎外「雁 」)
    森鷗外は 『 雁』と いう作 品の物 語の 終わり に、一 つの偶然 の出来 事を
    仕 掛けて いる 。鷗外 は、これを グリ ム童話 から「釘一 本」と よんで いる 。
    こ れは釘 が一 本足り ないた めに、 車輪 がばら ばらに 壊れてし まうと いう
    意 味であ る。
    『 雁 』 の 中 に登場 するの は、 無 縁坂 の中ほ どにあ る高利貸 しの未 造の
    妾 である お玉 さんが 、医科 大生の 学生 、岡田 に思い を寄せて いて、 その
    思 いを岡 田に 伝えた いがな かなか その 機会が 巡って こないと いう内 容で
    あ る。他 には 、この 物語の 語り手 であ る「僕 」とい う、岡田 と下宿 屋が
    同 じ学生 が登 場する 。
    あ る 日 、 お 玉さん は末造 の留守 を利 用して 、自分 の思いを 岡田に 伝え
    よ うと無 縁..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。