佛教大学 N6705文学概論第1設題 2020シラバス対応

閲覧数283
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2020年シラバス対応、 文学概論のテキスト履修の第1設題です。テキストのみで書いたリポートで、先生からはよくまとめてありますと、諸見をいただいております。リポート作成時の参考にして下さい。

    タグ

    日本文化概論社会文学言葉小説

    代表キーワード

    佛教大学文学概論N6705

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    以 下 3 点 に ついて 、テキ ストの 内容 に即し て説明 せよ。具 体的な 作品
    名 を例に あげ つつ記 述する こと。
    1 文 学 作 品 に様々 な形で 現れる 「身体 」の 働きに
    行 住 座 臥 と いう言 葉があ るが 、「 行」は 行く・ 歩く「 住」 はとど まる 、
    「 座」は 座る 、「臥」は横た わると いう意 味であ る。こ の中 の「臥」横た
    わ るとい う身 体の働 きは文 学作品 の中に しば しば見 られる。
    例えば、蓮 實重彦 の「横 たわる 漱石 」とい う論文 の中で、蓮實は 漱石
    の 『ここ ろ』 という 作品の 中で 、「 先生」・漱 石が、 浮き身を して、 波の
    上 に横た わる 姿勢に 心をひ かれる 。こ の横た わって いる「先 生」に「 私」
    は 気やす く言 葉をか けるこ とがで きた とある 。 他に も漱石の 『草枕 』の
    中 にも、 語り 手の画 工が温 泉の浴 槽に 横たわ りなが ら、戯れ 唄を作 る場
    面 があり 、これ も『心 』の冒 頭の 場面と 共通点 がある という ことで ある 。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。