<2019年度>佛教大学通信レポート【S0615:家庭科概論】

閲覧数204
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 5ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    【合格済】佛教大学通信教育課程のレポートです。2019年度の【S0615:家庭科概論】レポート第1設題に対応しています。決してまるごと提出したり剽窃したりせず、参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本 科目か ら学 んで得 た知識 を活 用して 、今と これか らの生 活のな かで
    備 えにつ いて ①~③ を考え る。① 持続 可能な 社会の 構築に必 要なこ とと
    実 践でき るこ と、② 環境に 配慮し た生 活を営 むため の生活の 工夫、 ③日
    常 生 活で 起こ る様 々な リス ク (災害 、事 故 、病 気、 失業 等) を 予測 して 、
    リ スクを 管理 して備 える方 法につ いて述 べな さい。
    ① 持続可 能な 社会の 構築に 必要な ことと 実践 できる こと
    持 続 可 能な社 会とは 、「健 全で 恵み豊 かな環 境が地 球規模 から身 近な 地
    域 までに わた って保 全され るとと もに 、それ らを通 じて国民 一人一 人が
    幸 せを実 感で きる生 活を享 受でき 、将 来世代 にも継 承するこ とがで きる
    社 会」(内閣 府 2008 )*1 で あ る 。大量 消費社 会とは 対比的 に用い られ る
    こ とが多 く、 将来の 環境も 損なわ れる ことの ない社 会のこと を指す 。持
    続 可能な 社会 を構築 するた めには..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。