最新!2019年度佛教大学通信課程 初等家庭教育法 S5535

閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2020/01/14 15:03
    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2019年度佛教大学通信課程 初等家庭教育法の合格済みレポートです。

    こちらは2019年度4月以降入学、新テキスト・シラバスに対応しております。
    佛教大学は特に罰則が厳しいのでそのままの転用は控えて下さい。
    こちらを参考程度に、新テキスト・自らの考察を付け加えるなどしてご利用ください。

    【設題】
    (1)小学校家庭科で、対象とする学年(5年か6年か)を示し、「題材の目標(ねらい)と全体の指導計画」と「本時の授業の目標」「児童の学習活動と指導上の留意点」「評価方法」「準備する資料やワークシート等」からなる学習指導案を考えなさい。なお、家族・家庭生活、衣食住の生活、消費生活・環境のうち、2つ以上の領域を含む題材を考えましょう。学習指導案の内容は、1.題材名 2.対象学年 3.題材の目標と全体の指導計画 4.学習活動と指導上の留意点及び評価方法、準備する資料等として記述すること。

    【参考文献】
    三沢徳枝、勝田映子他著『新しい教職教育講座 教科教育編⑧初等家庭科教育』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科学習指導案(第 6 学年)
    2019 年 12 月 2 日
    男子 15 名 女子 15 名 計 30 名
    授業者 〇〇〇〇
    『3R を理解して食材を買い、家族に喜ばれるご飯を作ろう!』
    2.題材の目標
    ・3R のそれぞれの意味を理解して、食材を買うことができる。
    ・購入しようとする食材の品質などを確認し、目的に合った選び方や買い方について考え
    たり、工夫したりできる。
    ・家族のために主体的に料理を考えて、日常生活の中で実践できる。
    ・安全に調理器具を扱うことができ、家族のために綺麗な盛り付けをすることができる。
    3.題材の評価基準
    ア 家庭生活への関
    心・意欲・態度
    イ 生活を創意工夫
    する能力
    ウ 生活の技能 エ 家庭生活につい
    ての知識・理解
    家族のために主体的
    に料理を考えて、日
    常生活の中で実践し
    ようとする。
    購入しようとする食
    材の品質などを確認
    し、目的に合った選
    び方や買い方につい
    て考えたり、工夫し
    ようとする。
    安全に調理器具を扱
    うことができ、家族
    のために綺麗な盛り
    付けをしようとす
    る。
    3R のそれぞれの意
    味を理解し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。