28. 科目名「精神保健福祉援助技術各論」 題「障害者ケアマネジメントの各過程において重視されるべき原則と、今後の課題に

閲覧数772
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字強
    総合評価:B+

    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:優れている
    ●課題の趣旨を理解している:特に優れている
    ●趣旨が通っている:優れている

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:精神保健福祉援助技術各論
    題: 障害者ケアマネジメントの各過程において重視されるべき原則と、今後の課題につい

    障害者自立支援法によって制度化されたケアマネジメントは、障害者の自立と社会参加、
    そしてノーマライゼーションを実現していく上で重要となる援助技法の一つである。以下
    に障害者ケアマネジメントの各過程において重視されるべき原則と、今後の課題について
    まとめる。
    日本で行われているケアマネジメントは、面接や電話連絡によるサービス調整を主体と
    する「仲介型」が多いが、現在、利用者の弱点ではなく、強さ(長所)に着目して支援を
    行う「ストレングス型」の導入が図られている。
    ケア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。