26. 科目名「精神保健福祉演習」 題「 事例考察:インテーク面接から医療保護入院打診に至るまでの援助過程について」

閲覧数941
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1000文字強
    総合評価:A
    社会福祉士
    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:特に優れている
    ●課題の趣旨を理解している:特に優れている
    ●趣旨が通っている:特に優れている

    採点者からのコメント

    「精神保健福祉士として視点がよくまとめられています」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:精神保健福祉演習
    題: 事例考察:インテーク面接から医療保護入院打診に至るまでの援助過程について
    精神保健福祉士による精神障害者の支援活動は、家族からの相談を受けることから始ま
    る場合が多い。相談者の主訴やニーズを整理し、相談者の気持ちに配慮した対応をするこ
    とで、適切な自立支援を提供していくことが重要である。以下に、ある事例に基づき、家
    族からの相談を受ける際に精神保健福祉士が配慮すべき点についてまとめた。
    ここで取り上げる事例は、Mさんの家族からの相談をきっかけに訪問を実施し、本人との
    インテーク面接を行い、本人が精神病院を受診するに至るまでの精神保健福祉士による援
    助過程の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。