P6101 英米文学概論 第2設題

閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/09/19 11:45
    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    エマスン、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、パウンドについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101 英米文学概論 第 2 設題
    (1)
    エ マスン 、ホ イット マン、 ジェ イムズ 、ドラ イサー 、フロ スト、 パウ
    ン ドにつ いて 述べな さい。
    エ マスン
    ラ ルフ・ ウォ ルドウ ・エマ スン はボス トンの ユニテ リアン 派牧師 の家
    に 生まれ る。 ハーヴ ァード 大学を 卒業 してか らは教 員になっ た後に 、神
    学 を 修 め て 牧 師 と な っ た 。 彼 は 詩 人 と 同 時 に 思 想 家 で も あ り 、 Nature
    ( 自然論 )が 出版さ れ、こ の本に は真 理は経 験を超 えた直観 によっ て把
    握 さ れ る とす る 彼の 超 絶 主義 ( Transcendentalism )の中心思想が述べ
    ら れてい る。 要する に、ど のよう に悪 いこと をし て も、償い により 人は
    救 われる とす る楽天 思想が 広く人 々に 支持さ れ 、当 時最も尊 敬され る講
    演者の一人で あっ た 。 書 物で は 、 エ マス ン は 「 Essays」(『 評 論 集 』) を
    出 し、翌 年か らは季 刊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。