P6103英語学概論第2設題

閲覧数277
ダウンロード数1
履歴確認

    • 最終修正日: 2019/09/17 17:57
    • ページ数 : 8ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2018年度 P6103英語学概論第1設題です。
    難しかった印象がありますので、参考にしていただければ幸いです。
    図を使って工夫するとともに、自分の中で理解している情報を具体的に言語化し、整理すれば上手くいくと思います。
    図や考えが評価され、評価はAでした。

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)
    英 語の前 置詞 around の 多 義構 造を十 分な一 次資料 に基づ いて明 らか に
    し なさい 。
    ロ イ ヤ ル 英 文法に よると 前置詞 とは 名詞や 名詞相 当句の前 に置か れ、
    形 容詞句 や副 詞句を 作り出 す品詞 である 。前置詞 は Be動詞 や一般 動詞 と
    の 関わり でも 多様な 意義を 生み出 し、 様々な 意味を 持ち汎用 性の高 い品
    詞 である と言 えよう 。こ こでは 前置詞 around に つい て、そ れはど のよ う
    な 多義構 造を 有する のか、 Oxford Advanced Learner ’s Dictionary 8th
    edition と ジ ーニア ス英和 辞典第 4 版 で述べ られ ている around に 関す る
    意味、例 文を 参考に した自 作の図 と、 その他 インタ ーネット で集め た資
    料 、例文に基 づいて 検証し たい。
    (1) 「円周運動」 (2) 「自転」「逆方 向」 (3)「 分 散」
    (4) 「 概 略 」「近辺 」 (5) 「回避」「 迂回」 (6)「 迂 曲」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。