14. 科目名「地域福祉の理論と方法」 題「地域福祉活動における住民参加の方法と意義について」

閲覧数1,462
ダウンロード数4
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    ファイル形式:Word
    文字数:1200文字前後
    総合評価:A

    評価ポイント

    ●文章構成が適切である:優れている
    ●課題の趣旨を理解している:特に優れている
    ●趣旨が通っている:特に優れている

    採点者からのコメント

    「少々字数をオーバーしてしまった所が残念でしたが、全体的に要点がよく抑えられてありました。福祉教育を行う主体について、更に視点を広げてみるのもよいでしょう。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目名:地域福祉の理論と方法
    題: 地域福祉活動における住民参加の方法と意義について
    公共事業推進を図っていく上で、住民参加は大変重要な要素の一つであるが、参加方法
    もさることながら、なぜ住民参加が必要なのかということについても、未だ不明確な部分
    が多い。以下に地域福祉活動における住民参加の意義とその方法についてまとめる。
    住民参加の重要性を簡潔に述べれば、住民に参加してもらうことで、地域の福祉促進機
    能を高められるということが言える。地域福祉促進機能の具体例として、住民参加・参画
    促進機能、地域ケアシステム促進機能、地域自立生活支援機能、そして基盤的機能が挙げ
    られる。住民参加・参画促..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。