地域の非営利活動(NPO活動)の社会的意義の考察

閲覧数11,560
ダウンロード数1
履歴確認

    • ページ数 : 2ページ
    • 会員880円 | 非会員1,056円

    資料紹介

    地域の非営利活動(NPO活動)の事例を調べ、その活動内容を紹介しながら、NPO活動がもつ社会的な意味について考察しなさい。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域の非営利活動(NPO活動)の事例を調べ、その活動内容を紹介しながら、NPO活動が持つ社会的な意味について考察しなさい。

    こんにちさまざまなNPOが社会福祉、子ども、環境、人権、男女共同参画、まちづくり、社会教育、国際交流などの分野で活動しており、そのほとんどが公共にかかわる非営利活動である。特定非営利活動は20分野あり、①保健・医療または福祉の増進を図る活動、②社会教育の促進を図る活動、③まちづくりの推進を図る活動、④観光の振興を図る活動、⑤農村漁村または中山間地域の振興を図る活動、⑥学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動、⑦環境の保全を図る活動、⑧災害救護活動、⑨地域安全活動、⑩人権の擁護または平和の推進を図る活動、⑪国際協力の活動、⑫男女共同参画社会の形成の促進を図る活動、⑬子どもの健全育成を図る活動、⑭情報化社会の発展を図る活動、⑮科学技術の振興を図る活動、⑯経済活動の活性化を図る活動、⑰職業能力の開発または雇用機会の拡充を支援する活動、⑱消費者の保護を図る活動、⑲前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動、⑳前各号に掲げる活動に準ずる...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。