政治経済・現代社会要点集(政治分野)

閲覧数448
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 23ページ
    • 会員2,200円 | 非会員2,640円

    資料紹介

    政治経済の授業の際に行う雑談や板書の内容を各項目ごとにまとめました。教科書以上の知識や教科書の内容をコンパクトにまとめた文を用意しています。政治経済の授業だけでなく、社会科学系の授業のレポートや、教育実習の実践の参考にしていただけると嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【政治】
    【1.民主政治➀】
    日本の国土は 38 万㎢で世界 62 番目
    海域面積は世界で 6 番目
    EEZは領海の外側にあり、基線(低潮線)から 200 海里(約 370 ㎞)までの範囲
    現在の問題解決を過去に求めるのが保守。未来に求めるのが革新
    右から見れば真ん中も左であるし、全ての人が自分のことをスタンダード(真ん中)だと思っている
    マグナカルタ→王による反省文
    法の支配
    ➀憲法が最高法規
    ➁人権が重視されている
    ➂法の内容と手続きが正統
    ➃裁判所の役割を重視
    「憲法→法律→命令・規則」の順に正統性をもっている
    ★実定法→成文法→公法・私法・社会法 ★自然法

    不文法
    国際法→条約(成文国際法)&国際慣習法(不文国際法)
    法治主義:「法律の支配」&「悪法もまた法なり」
    →1933 全権委任法
    ★硬性憲法
    両議院三分の二以上の賛成で発議でき国民投票の過半数により改憲成立
    ※解釈改憲という手法もある
    不文憲法の国家は 20 カ国ほどさる
    ※イギリス(マグナカルタ・権利の章典)、サウジアラビア(クルアーン)、シエラレオネ&ソマリア&アフ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。