【佛教大学】【P6301】英文学史第2設題 A評価 レポート

閲覧数1,849
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    佛教大学、【P6301】英文学史第二設題のA評価レポートです。レポート作成の参考にされてください。
    設題に従い、わかりやすくまとまっていたとの評価を頂いております。

    第2設題
    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6301 英文学史 第1設題
    (1)
    【 P6301 】 英 文学 史
    第 2 設題
    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そ
    して成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」
    を まとめ なさ い。
    第 7 章「18 世 紀の 散文、 詩、劇 」
    18世紀、イギリスは世界の強国となっていたが対外的には極めて多忙
    であった。国内では政治、経済が成長し、波及して文化も成長していっ
    た。立憲君主制、自由民権思想の普及、科学技術の急速な進歩などは他
    ヨーロッパ諸国の知識人の敬愛の念を引き起こした。ロンドンは首都で
    あるのみならず大商工業都市、大貿易港として18世紀の初めには人口
    60 万 人 を超 えた。
    18世紀は市民社会の成長期でもあり、市民階級は事実を事実として確
    この階級に生まれ、知的活力を代表する人物だった。「その日その日」に
    実社会に起こる事柄を、記録し報告することが自己の責務と感じる人で
    疫病についてルポルタージュふうのノンフィクションにまとめた作品で
    ある。事実性、面白さ、道徳的教訓性、この3...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。