2018年対応 教育相談の研究 リポート

閲覧数1,197
ダウンロード数16
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/05/18 17:07
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2018年対応最新版

    佛教大学S0534 教育相談の研究のリポートです。
    テキストを中心にまとめています。
    A評価でした。

    あくまで参考としてリポート作成にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
     学校カウンセリングとは、単に「学校で行われるカウンセリング」と簡単に理解されそうなものであるが、実際には深く、これまでのカウンセリングの枠を超える新しい世界がここには広がっていると考えられる。生徒にとって教師という立場の者を、相談相手、カウンセラーとしてみることは非常に困難なことであり、また矛盾があるのである。そのような中で、教師のおこなう学校カウンセリングはどのように在るべきなのかについて述べていく。
    まず、学校カウンセリングというものは、平成7年から始まった文部省のスクールカウンセラー事業をきっかけとして発展した。その学校カウンセリングの中には教師カウンセラーとスクールカウンセラーの2種類のカウンセラーがあり、前者は、教師でありながら、ある程度の研修を受け、その専門性を意識して実際の問題事例に対して自らカウンセリングを実施する教育相談係と考えられている。これには、一担任から実践と研修を積んだ教育相談担当者まで様々な人が含まれる。しかし、実際に教師カウンセラーを務めている人はごく少数で、教師の多くは学級..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。