P6301_英文学史_第2課題

閲覧数1,953
ダウンロード数0
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2016年合格ずみのレポートです。参考にしてください。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第1章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    第7章「18世紀の散文、詩、劇」
     Joseph AddisonとRichard Steeleは英国ジャーナリズムをさらに完成に近づけると同時に、それをエッセイ文学と結びつけた。彼らはThe Tatler、The Spectatorなどを共同で刊行し、人々の暮らしや社会について、教養ある考察を書いた。
     18世紀前半の特色は風刺文学もある。Jonathan SwiftのGulliver’s Travelsが有名である。彼の作品に一貫するものは、人間の本質的価値を信じようとするヒューマニズムの精神であった。
     Alexander Popeを代表とする韻文もまた当時を代表する文学である。加えて、Popeの頑固たる新古典主義は時代を牽引する文芸の精神と考えられた。An Essay on Criticismを世に送る。
     続にSamuel Johnsonの時代が続く。彼は広い知的分野を持っており、とりわけ、A Dictionary of the...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。