精神科リハビリテーションの技法について解説し、PSWの役割や視点について述べなさい。

閲覧数816
ダウンロード数7
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/02/08 11:01
    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成 評価 良(原稿用紙設定1,172字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーションについては、行動療法ひとつをとっても様々な種類が存在するが、その中でも社会生活技能訓練(以下、SST)を取りあげたい。
    そもそも生活技能とは、「お互いに助け合うという関係を確立し、維持し、深めていく社会的感情的な対人行動」であると、リバーマンは定義づけている。
    これを受けSSTは、「精神障害者に認知・学習の障害があること」を前提とし、日常における具体的・実際的場面を課題として設定することで、ロールプレイやモデリングを活用し、練習場面でできたことを実生活の場面でも行えるよう繋げていくことを特色としている。そういった対人関係上におけるやり取りを臨むにあたって、他者からのメッ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。