更生保護制度の現状と今後の課題についての考察

閲覧数4,822
ダウンロード数7
履歴確認

    • ページ数 : 3ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    犯罪は社会にとって、決して許されるものではない。しかし、犯罪を犯した者も一人の人間として、その人なりにどう生きるのか。改めて更生保護制度の在り方について理解を深化させ、興味本位のレベルに留まらず知的欲求を満たしていけるよう以下に述べていきたい。
    (2,055字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『更生保護制度の現状と今後の課題についての考察』
    はじめに
    犯罪は社会にとって、決して許されるものではない。しかし、犯罪を犯した者も一人の人間として、その人なりにどう生きるのか。
    改めて更生保護制度の在り方について理解を深化させ、興味本位のレベルに留まらず知的欲求を満たしていけるよう以下に述べていきたい。
    更生保護制度の成り立ち
    更生保護法第1条について、「この法律は、犯罪をした者及び非行のある少年に対し、社会内において適切な処遇を行うことにより、再び犯罪をすることを防ぎ、又はその非行をなくし、これらの者が善良な社会の一員として自立し、改善更生することを助けるとともに、恩赦の適正な運用を図るほか、犯罪予防の活動の促進等を行い、もって、社会を保護し、個人及び公共の福祉を増進することを目的としている」とされている。また同法は、犯罪者及び非行少年の更生と保護観察制度の運用などの再犯予防にかかる手続をはじめ、これらに関する行政機関について規定されており、犯罪者予防更生法と執行猶予者保護観察法の整理および統合を目的とした新法として2008年6月から施行された。
    更生保護制度は刑事政策上の一分野と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。