精神障害者にとっての家族の存在についてまとめなさい

閲覧数768
ダウンロード数3
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    精神保健福祉士養成 評価 優(原稿用紙設定1,172字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者に対する家族介護の社会病理現象として、家族内殺人事件が挙げられる。要介護者を殺害し、介護者自身も自殺を図るという心中報道のなかで共通するのは、長い介護期間の経過と生活の困窮、および高齢といった点にある。またそういった事件の多くは「将来を悲観して」というフレーズが度々登場する。寝たきり老人や身体障害者と比較しても、精神障害者の場合は周りからは分かり難く、そのために誤解や偏見が生まれ、長年にわたる不幸な処遇を受けてきた結果とも思えてならない。
    特に「高齢」は精神障害者本人だけではなく、家族自身の老齢化も意味する。とりわけ統合失調症の場合は、発病が思春期と青年期に集中することにより、中年期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。