佛教大学通信教育課程2017年度P6301英文学史 第2設題

閲覧数1,494
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 6ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    2017年度A判定のリポートです。リポート作成の参考にご活用ください。

    タグ

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    第7章「18世紀の散文、詩、劇」
     18世紀の英国は政治、経済、分化のあらゆる面で成長していた。Defoeは市民階級の知的活力を代表するような天成のジャーナリストであった。A journal of the Plague Yearは18世紀の英国ジャーナリズムの基本の性格を示すとともに、小説誕生の原点でもある。また、AddisonとSteeleはジャーナリズムをエッセイ文学と結びつけ、The Tatler, The Spectatorを刊行した。
     18世紀前半の英文学のもう1つの特色は、散文ではSwift、韻文ではPopeを旗頭とする風刺文学の隆盛であった。SwiftのGulliver’s TravelsはMoreのUtopiaの系譜を引くユートピア文学であり、物語に登場する国々はさまざまな角度から英国のその時代の実情を照らし出す役割を果たしている。また、1730年頃までは新古典主義的な理念の上に築かれた文運隆盛の時期であり、この時代を...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。