【佛教大学】P6103 英語学概論 試験対策 7題 2016年度合格済み【科目最終試験】

閲覧数4,895
ダウンロード数211
履歴確認

    • ページ数 : 9ページ
    • 会員990円 | 非会員1,188円

    資料紹介

    【佛教大学通信】P6103 英語学概論の科目最終試験対策7題セットとなります。

    2016年度合格済みです。

    ①「グラウンディング(grounding)とは何かを具体例とともに説明しなさい。」
    ②「生成文法と認知言語学はどこが本質的に違うか、具体例と共に論点を挙げなさい。」
    ③「コンストラクション(構文)とは何かを認知言語学の立場に立って具体的に説明しなさい。」
    ④「イディオムとコロケーションの違いを説明し、それらの研究上の意義を説明しなさい。」
    ⑤「カテゴリーの性質を英語の具体例に即して明らかにしなさい。また、カテゴリーは言語研究のどの範囲まで及ぶか論じなさい。」
    ⑥「認知言語学はどのような存在意義をもつか。具体例と共に論点を挙げて説明しなさい。」
    ⑦「メタファーとメニトミーの本質的な違いはどこにあるのかを英語と日本語の具体例とともに説明しなさい。」

    試験対策の参考としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6103 英語学概論
    科目最終試験予想問題
    ①「グラウンディング(grounding)とは何かを具体例とともに説明しなさい。」
    ②「生成文法と認知言語学はどこが本質的に違うか、具体例と共に論点を挙げなさい。」
    ③「コンストラクション(構文)とは何かを認知言語学の立場に立って具体的に説明しなさい。」
    ④「イディオムとコロケーションの違いを説明し、それらの研究上の意義を説明しなさい。」
    ⑤「カテゴリーの性質を英語の具体例に即して明らかにしなさい。また、カテゴリーは言語研究のどの範囲まで及ぶか論じなさい。」
    ⑥「認知言語学はどのような存在意義をもつか。具体例と共に論点を挙げて説明しなさい。」
    ⑦「メタファーとメニトミーの本質的な違いはどこにあるのかを英語と日本語の具体例とともに説明しなさい。」
    「グラウンディング(grounding)とは何かを具体例とともに説明しなさい。」
    グラウンディングとは、話し手が発話行為の場から事例を位置づけるプロセスを意味する。ラネカーの比喩を使えば、発話行為の参与者が叙述対象となるものと「心的接触を持つ」ことを可能にするということである。次のような名詞句を例に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。