2016年度 介護等体験研究 Z1802 A評価

閲覧数1,055
ダウンロード数13
履歴確認

    • 最終修正日: 2018/04/07 22:52
    • ページ数 : 2ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    スクーリングで学習した内容とテキストを中心に纏め、最後に自身の考えも述べて完成させました。
    スクーリングで取ったノートからも引用しているので、テキストに留まらない考察になっていると思います。

    「非常によくまとめられています」との所見を頂いています。

    レポート作成の参考にして下さればと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護等体験研究 Z1802 評価A
    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのか、「教職に必要な力」との関係で論じなさい。
     「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教育職員免許法の特例等に関する法律」では義務教育に従事する教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ、教員としての資質の向上を図り、義務教育の一層の充実を期する観点から、小・中学校教諭の免許状取得には、障害者、高齢者等に対する介護、介助、交流等の体験を行わせる措置を講ずる、とある。また、介護等体験の期間は原則として社会福祉施設等5日間、特別支援学校2日間の「7日間」を義務付けている。
     日本の少子高齢化社会で生きてゆくことになるこれからの子どもたちに、互いに助け合い、より豊かな福祉社会を築いてもらえるよう育てる教員という存在は、非常に重要な役割である。この法律は、社会福祉施設における介護等体験を通じて、個人の尊厳や社会連帯の理念に関する認識を深め、教員としての資質向上を図り、義務教育の充実を期することを目的としている。
     教員の持つべき資質として、対人関係の構築..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。