米国における格付けは大恐慌と戦後の時代にどう発達してきたか

閲覧数1,431
ダウンロード数2
履歴確認

    • ページ数 : 1ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「米国における格付けは大恐慌と戦後の時代にどう発達してきたか」
     アメリカで初めて格付を行ったのは、1909年にムーディ社の創立者であったジョン・ムーディである。彼はMoodys Analysis of Railroad Investmentのなかで鉄道債券を格付けしたのだ。格付が信頼性を高め、市場に定着する大きな契機になったのが、1929年に始まった大恐慌である。大恐慌が起きたときに、大きな債務不履行が発生し、証券市場は大混乱に見舞われた。これは、投資家が債券の債務不履行リスクを身を持って、しかも集中して経験する機会になった。なぜならば、大恐慌の過程での債務不履行の発生率と格付を比べてみると...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。