司書教諭の役割と校内協力体制および研修の必要性について述べなさい

閲覧数3,185
ダウンロード数28
履歴確認

    • ページ数 : 4ページ
    • 会員550円 | 非会員660円

    資料紹介

    学校図書館が学校教育において欠くことのできない基礎的な設備であるためには、教育課程の展開と学校図書館を結ぶ図書館専門職としての司書教諭には次のような役割が求められる。
    まず司書教諭自身がメディアや情報を活用した児童・生徒の主体的学習を主とする新しい教育理念を理解する必要がある。そして、学習情報センター、教育メディア・情報センターとしての学校図書館の経営に必要な知識・技能を修得し、その向上のためにたえず研修に努めなければならない。

    資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「司書教諭の役割と校内の協力体制および研修の必要性について述べなさい。」
     学校図書館が学校教育において欠くことのできない基礎的な設備であるためには、教育課程の展開と学校図書館を結ぶ図書館専門職としての司書教諭には次のような役割が求められる。
     まず司書教諭自身がメディアや情報を活用した児童・生徒の主体的学習を主とする新しい教育理念を理解する必要がある。そして、学習情報センター、教育メディア・情報センターとしての学校図書館の経営に必要な知識・技能を修得し、その向上のためにたえず研修に努めなければならない。
     新しい教育課程では、教科の枠を越えた横断的・総合的な「総合的な学習の時間」が加えられた...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。