【再】国文法①

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数284
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    一 入子型の文構造について
    近代言語学が欧米から導入されると、日本では明治以降になって日本語の文法について組織化が考案されるようになった。様々な人物が文法論を組み立てたが、中でも時枝誠記は、入子型構造の有効性を説いている。
    時枝文法は、文節相互の関係だけで意味関係を捉えるのが不可能な部分を、「詞」と「辞」の組み合わせで日本語の文の構造を形作っている。
    ***** 図式 ***** (詞・辞)
    右の図より、「詞」が引き出しとするなら、「辞」が取っての役割を果たす。「梅の花が咲いた。」の文で振り分けると、次のようになる。
    ***** 図式 *****
     また、文節の考え方ではうまく説明できない並列関係や準体助詞も、次のように図示できる。
    ***** 図式 ***** (ユリとアヤメを植えよう)
    ***** 図式 ***** (私が書く■のは手紙です。)
    時枝文法では(■)の部分を「零記号の辞」と呼び、形式上に表示されていない主体的立場の表現が、辞の位置に備わっているものと見なしている。文末が動詞で終わる場合も同様で、過去や推量を示す表現は次のようにできる。
    ***** 図式 ***** (..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。