精神保健福祉援助技術各論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数585
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神保健福祉援助技術各論2(精神障害者を対象としたグループワークに関することについて自分自身の視点で論点を探し、それについて論じています。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題
     精神障害者を対象としたグループワークに関することについてあなた自身の視点で論点を探し、それを論ぜよ。
     精神障害者へのグループワークを行う目的やその利点・心構え等について考察する。
     グループワークはケースワークと同様、直接援助技術である。ケースワークが「個人」を対象としているのに対し、グループワークは「個人」(以下、メンバー)と「小集団」(以下、グループ)の2つを対象としている。 グループワークワークの目的は、グループへの参加による共通体験を通して、個人の成長・発達並びに社会的適応力を高めることである。
     そのため、グループをつくる目的には、メンバーの社会化・成長・教育・サポート・治療などがあげられる。そして、グループごとに目的は変わり、またメンバーごとにその目標は異なる。なお、これらのグループの目的は互いに排他的なものではない。現実の現場では、これらの目的を複数組み合わせてグループを計画し実践することが多い。
     グループのもつ力について、「ヤーロム」は11の要素を挙げている(1995年)。11の要素とは、普遍性・希望をもたらす・愛他主義・情報交換・対人関係の学習・行動の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。