精神科リハビリテーション学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数896
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育のレポートです。あくまで参考にお願いします。一部変えただけや、そのまま写したりは、違反になり処罰の対象となります。精神科リハビリテーション学1
    統合失調症に対するリハビリテーションの目的について述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神科リハビリテーション学1
    統合失調症に対するリハビリテーションの目的について述べよ。
     精神科リハビリテーションの基本原則は、障害への対処、早期発見と早期介入、過程(査定・計画・実施・事後評価・事後観察)と構造(種種の技法の活用)・他職種による連携、評価と監視、人権や主体性への配慮などである。これからもわかるとおり、精神科リハビリテーションの基本原則は、リハビリテーション一般のそれと異なるところはないが、さらに長年精神障害者のリハビリテーションを主導してきたボストンのアンソニー(W.Anthony)らは、精神疾患に罹患した人が地域で暮らすために、(1)精神科リハビリテーションの最大の焦点は、精神障害を抱えた人の能力を改善することである。(2)当事者から見た場合、精神科リハビリテーションのメリットは、必要とする環境における自らの行動が改善されることである。(3)精神科リハビリテーションはさまざまなテクニックを駆使するという意味で臨機応変である。(4)精神科リハビリテーションの焦点は、精神障害を抱えた人の職業上の予後を改善することである。(5)希望は、精神科リハビリテーションの構成要素..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。