医療保障制度の概要について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数305
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    医療保障制度福祉

    代表キーワード

    医療

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療保障制度の概要について述べよ。
    Ⅰ.医療保険とは
     医療保障制度の1つで、ほとんどの先進国がこの医療保険が行っている。医療保険は、社会保険で、財源は社会保険の保険料が中心である。給付の内容は、傷病の治療が中心なのである。社会保険である医療保障の長所は医療の効果的提供であるのに対して、短所は医療費の増大がある。なお、医療保障制度には医療サービス(扶助)があり、イギリスなどが公的扶助として行っており、財源は公費負担(税金投入)・給付内容は予防リハビリなどを含むとされる。
    Ⅱ.わが国の医療保険制度の概要
    1.健康保険
     被用者とその家族(被扶養者)を対象とした被用者保険制度は、民間企業に勤務する被用者を対象とした健康保険制度と、公務員等を対象とした共済制度に大別される。これらは、地域住民を対象とした国民健康保険制度とは基本的な仕組みが異なっているのである。
    (1)保険者
     健康保険法上の保険者は、全国健康保険協会および健康保険組合である。大企業は、民間大企業に勤務する被用者およびその被扶養者を対象とするのが、健康保険組合である。中小企業は、民間大企業に勤務する被用者およびその被扶養者を対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。