社会心理学 科目終了試験まとめ

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数389
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.都市化と人間について
    序論
    何を述べるのか 都市環境によって、そこに住む人々の行動様式やライフスタイル、人間関係などがどのように変化し、その要因にはどのようなものがあるのかについて考えてみたい。
    本論
    都市化とは何か 都市化とは、農村、などの村落が、次第に都市に変化していく過程である。それはいわゆる産業化や近代化とは異なるものとして捉えなければならない。
    都市への変化とは何か この都市へ変化していくこととは、都市に特有の生活様式が浸透し、拡大していくことであり、社会構造、生活構造、意識構造の3つの側面で見ることができる。
    社会構造の変化とは何か 社会構造の変化とは、人口の集中と分散、人口構成の変化、人々の階層、階級構造の流動化・均質化、家族形態の変化などである。
    生活構造の変化とは何か 生活構造の変化とは、参加する集団の多様化、近隣関係の希薄化、家族機能(保育機能など)の外部への移行などである。
    意識構造の変化とは何か 意識構造の変化とは、都市的パーソナリティの形成、没個性化、非行、犯罪の多発な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。