養護原理 科目終了試験

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数455
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    養護原理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.児童養護の意義と基本原理について
    序論
    意義 すべての子どもは未成熟であるが、健全な育成を保障されている。しかし、子ども自身がその保障された権利を行使し、自ら成長することはできない。そこで大人によってその権利を行使し、成長していくのである。児童擁護の意義はそこにある。
    児童養護とは 家庭が養育機能を果たせなくなった場合、国、地方自治体、国民がその代わりを担い、責任を負うことは義務である。それが「社会的養護」である。社会的養護は「家庭的養護」と「施設養護」に分けられる。
    本論
    家庭的養護とは 家庭的養護の代表的なものは里親制度である。養子を目的としない里親や養子縁組を前提とした里親制度などがある。
    施設養護とは 乳児院、児童養護施設、自立支援センターなどがある。これは虐待などによって養護を必要とする子どもが入所する施設である。
    基本原理 児童養護の基本原理は次の5つである。
    ①人間性回復形成の原理 児童福祉施設に入所している子どもには、虐待などで大人へ不信や恐怖、反感を抱く子どもが多い。こうした子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。