法学Ⅰ(憲法) 科目終了試験

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数177
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    法学憲法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.民法上の財産権について
    序論
    財産権とは 財産権とは、時計・土地などの経済取引を行う際の「物」を対象とする権利である。
    財産権の権利とは 金銭的価値が無い無価値の物に対して、財産権は成り立たない。つまり、財産権は、権利者の受ける権利が経済的価値を持つものでなければならないのである。
    本論
    民法上の財産権について 民法上の財産権で重要な権利は、物権と債権である。
    物権とは 物権とは、特定の人が、特定の物を「直接的に支配」できる権利である。
    直接的に支配するとは1 直接的な支配とは、例えば土地の持ち主は他人の手を借りずに自らの意思によって、その土地を利用・処分できる、ということである。そのような物権の権利を「所有権」と呼ぶ。
    直接的に支配するとは2 直接的な支配によって、所有権は成立しそれによって「排他的支配権」が確立する。つまり、同一の土地の所有権を持つ者が複数は存在しない、ということである。ここで注意したいのは所有することと共有することは異なることである。
    債権とは 債権とは、債権者が債務者に対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。