社会福祉援助技術各論Ⅱ 科目終了試験

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉援助技術各論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.集団援助技術の理論と内容について
    序論
    集団援助技術とは 集団援助技術、つまりグループワークとは、個人同士の間に働く相互作用を活用し、個人一人ひとりの問題を解決し、ニーズを充足する技術・方法のことである。
    本論
    グループワークの理論モデル グループワークの理論モデルは「社会的目標モデル」、「治療モデル」、「相互作用モデル」にわけることができる。これらの理論モデルには、次の共通点がある。
    ① グループワークの目標はメンバーの相互援助体制を作ることである。
    ② メンバーの成長と変化は、援助者とメンバーとの相互作用によって起こるのではなく、メンバー同士の相互作用によって起こるものである。
    ③ 援助者の援助課題とは、グループ内に相互援助体制を作ることである。そのため、援助者はグループの発達過程とそれに対する介入を行うことになるのである。
    ④ 援助者の役割としては、メンバーにグループの発達過程の理解をしてもらい、自らが他のメンバーに与える影響、他のメンバーが自分に与える影響の理解を深めさせることにある。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。