社会福祉援助技術各論Ⅰ 科目終了試験①

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数314
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉援助技術各論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    -------------------------------------------
    1.社会福祉援助活動の倫理について
    序論
    活動の対象者 社会福祉援助活動、ソーシャルワークとは、生活上の問題を抱える人を対象に行われるが、主にそのような場合は、社会の中で不安定・不利な状況におかれている場合が多い。
    求められる倫理 クライエントの生存権を保障するとともに、その個性を尊重することなど、高い倫理性が求められる。
    本論
    倫理性とは 福祉専門職が判断や行動の際、指針となるものである。
    倫理性の内容 倫理とは、日本においては、1986年、日本ソーシャルワーカー協会が宣言し、1995年に日本社会福祉士会が採択した「ソーシャルワーカーの倫理綱領」がある。
    倫理綱領の原則 倫理綱領では5つの原則が示されている。
    ①人間の尊厳
    社会福祉士は、すべての人間を、出自、人種、性別、年齢、身体的精神的状況、宗教的文化的背景、社会的地位、経済状況等の違いにかかわらず、かけがえのない存在として尊重する。
    ②社会正義
    差別、貧困、抑圧、排除、暴力、環境破壊などの無い、自由、平等、共生に基づく社会正義の実現を目指す。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。