社会福祉原論 レポート設題1

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数310
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ」
    1,社会福祉の前史
    原始・古代の社会生活は、自然条件との戦いの中にあって、現在よりもはるかに不安定なものであった。人々は、こうした状況の中で共同生活を維持することを目的に、自然環境や文化的制約を負いながら、「相互扶助生活」を営んだ。そこでは、家族を中心とした血縁関係や、近隣共同体を中心とした地縁関係といった「親子の情愛」「近隣間の相扶慣習」「介助義務に基づく救済」等の相互扶助が行われた。
    そして、相互扶助は、具体的に近世以前から貧困者や生活困窮者に対する福祉として主に「慈善や博愛」「慈悲やお恵み」といった善意や宗教的動機に基づく活動を開始させた。
    しかし、この活動は、国家(法律)に基づく公的な「社会保障」「社会福祉」が国民一人ひとりの「基本的権利」を保護した福祉とは程遠い内容であった。
    2,イギリス絶対王政下の救貧制度
    福祉国家は、第二次世界大戦の前後のイギリスにおいて「権力国家」「戦争国家」と対比して使用されるところに起源をもつ。その原初的形態は、近代世界の始まりと言われるエリザベスⅠ世統治下のイギリスにおける「救貧法」であった。
    しかし、この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。