集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数178
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    グループワーク集団援助技術

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。
    Ⅰ.はじめに
     集団援助技術とは、利用者の個々の課題解決を小集団の場でおこなうという技法である。
    集団援助技術の実践主体者は援助者であり、その展開過程は準備期・開始期・作業期・終結期の4段階がある。
     以下に、その4段階について述べる。
    Ⅱ. 準備期
     準備期とは、援助の必要が生じ、援助者が利用者たちに接する以前の準備、及び予備的接触開始までの段階である。
    1.職員全体の合意
    援助者は、集団援助活動を開始する前に、同じ施設・機関に属する職員全員に、この援助の意義を理解させておくことが必要である。
    援助者が個人として行うのではなく、施設・機関が行う援助活動の一環として、担当者が担当し、実践することである。
    施設・機関の職員全員が、これから始まる集団援助活動の意義や目的を十分に理解し、それぞれの専門的立場から支援することが重要である。
    援助者もその他の職員も、自分たちの果たすべき役割を、このように理解しておかねばならない。
    2.予備的接触
    利用者への理解 集団援助技術の対象は、ひとつは一人ひとりに個人であり、もうひとつは、その個人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。