第8章「Martin Luther King, Jr.」について日本語で要約した上であなたの考えを述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,084
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第8章「Martin Luther King, Jr.」について日本語で要約した上であなたの考えを述べよ。
    1.<要約>
    公民権運動指導者マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの生涯は、アメリカ黒人のために平和的手段で社会的・政治的・経済的平等を獲得することであった。しかし公民権運動を推し進めるなか、キング牧師は人種差別主義者によって酷く攻撃され、1968年に暗殺された。
    キング牧師が中心となって指導した公民権運動は黒人だけでなく、アメリカ中の人種間平等への意識を高めることに成功した。そして、キング牧師は社会変革に貢献したとされ1964年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞した。
    彼は牧師である祖父と父の家に生まれ、15歳で高校を卒業しアトランタのモアハウス大学に入学し、学士号を取得した。卒業後ボストン大学で博士号を取得した。大学院に在学中、彼は非暴力運動を指導しイギリス支配からインドを解放したガンジーを崇拝し、後に公民権運動の「実践テクニック」をガンジーから「自分の理想」をキリスト教から得たと語っている。
    当時南部では、市バスは法律により人種分離が行われ白人専用の席が満席になれば法律..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。