高い専門性をもった専門職として、14歳の男の子の援助を考えてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数276
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉情報倫理社会援助問題家族ボランティア

    代表キーワード

    環境

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <男の子への理解>
    男の子の面接を行うソーシャルワーカーには、より強い信頼関係をつくって的確に状況を把握するために、まず、男の子の話を「傾聴」し、「理解」する姿勢が必要とされる。
    具体的に言うと、男の子は、自分自身の訴えを聞いて欲しいので、ワーカーに求められていることは、「答えを示す」ことではなく、「男の子訴えに耳を傾け、理解する」ことが大切なのだ。
    <援助過程>
    ①問題の発見
    問題をかかえ援助を必要としている男の子の訴えを聞き、「援助の対象となる何らかの問題をもっている」ことを明らかにする。
    ②アセスメント
     問題を発見して、男の子に関する情報収集を行い、どのようなところに問題があるのか、1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。