福祉専門職の援助的態度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数499
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ソーシャルワーカーの倫理綱領」には、ソーシャルワーカーが倫理基準に基づき、クライエントとの関係や倫理責任について12点が示されているが、まとめて次の4点を挙げる。
    ①利用者の利益の最優先
     職務の遂行に際して、クライアントに対するサービス、利益を最優先に考え、自己の私的な利益のために利用したり、非人間的な目的に利用されないようにする。
    ②クライエントの個別性の尊重
     個人・家族・集団・地域・社会の文化的差異や多様性を尊重するとともに、同等の熱意をもってサービスや援助を提供しなければならない。
    ③クライエントの受容
     クライアントをあるがままに受容し、拒否するようなことがあってはならない。
    ④..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。