コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,602
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ」
    1.コンピュータの歴史
     コンピュータの歴史は計算を機械に代行させようというアイデアから生まれた。たとえば、1600年代には「パンセ」や「パスカルの法則」で有名なフランスの哲学者・数学者・物理学者であったパスカルが歯車式の計算機械を考案した。これは、形を替えながら近年まで使われた。1960年代後半になってリレースイッチを使った2進法の電気的な計算機に代わり、さらにそれは数年で急速に発達した電子式の計算機に代わった。これらがコンピュータの原型となった。
    コンピュータの発達は、主要部品である「論理素子」の発展によるものであり,使われている論理素子の違いにより、4つの世代に分けて説明することができる。「第1世代1946年~1958年代頃」主に論理素子として真空管が用いられた時代を指す。1946年、米国ペンシルバニア大学で当時ラジオや通信機器に使われていた真空管を論理素子に使い、J.P.エッカート、ジョン・モークリーという2人の博士によって設計され、ENIACと名づけられた初めてのコンピュータが作られた。
    ENIACは、40年代前半の大戦中に、大砲の弾道計算で温度・風向き・風速を変えた膨大な量の計算が必要になり、開発が始まったものである。軍事用として開発され、主に軍事において多目的に使用するため改良が続きその後、商業用として開発が進められることとなった。しかし、このENIACはとても巨大なもので、450㎡ものスペースを必要とし、真空管19000本を使い、重量30トンもの重さのある巨大なものであった。
    この頃の主な用途としてミサイルの弾道計算、政府の統計調査、科学技術計算であった。そして1958年、IBM7070が誕生し、第2世代が始まる。「第2世代1958年~1963年頃」トランジスタを論理素子に使ったコンピュータである。真空管と違い、安定、小型化するようになった。性能も一段と飛躍的に向上し、情報処理の同時進行などできるようになった。
    この頃にプログラミング言語やアセンブラ言語だけでなく、FORTRANやCOBOLなどのプログラム言語が使用されるようになった。「第3世代1964年~1979年頃」1960年代後半にトランジスタを多数組み合わせた小型高機能回路ICを論理素子に使ったコンピュータが作られた。ICは、中に含まれる素子の数によって、LSI(大規模集積回路)、VLSI(超大規模集積回路)と呼ばれ、この時代に使われたのはLSIである。
    ICの出現は、小型化だけでなく、コンピュータの処理速度の増加と性能の信頼性に繋がり、高性能のコンピュータにネットワークを接続して、複数の端末から同時に利用できるようになった。「第4世代1980年以降」VLSI(超大規模集積回路)と分類されている。
    論理素子にはVLSIが用いられ、第1世代のENIACの性能が電卓の大きさで実現できるようになった。今では当たり前のように人々の生活の中にあるパソコン(パーソナルコンピュータ)もこの頃に生まれ、コンピュータの利用者が、専門化から一般へと広まっていき、安価で購入でき、複雑な処理をすることができるパソコンは、一般の人々の生活へ急速に普及していった。
    2. コンピュータの現状
     現在のコンピュータはパーソナルコンピュータ(パソコン)、からスーパーコンピュータまでさまざまな用途に使用されている。なかでもパソコンは、小型化、安定化、価格の低下などの影響で一般家庭に広く普及している

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「コンピュータおよびインターネットの発達の歴史と現状についてまとめ、今後のインターネットの展望について論ぜよ」
    1.コンピュータの歴史
     コンピュータの歴史は計算を機械に代行させようというアイデアから生まれた。たとえば、1600年代には「パンセ」や「パスカルの法則」で有名なフランスの哲学者・数学者・物理学者であったパスカルが歯車式の計算機械を考案した。これは、形を替えながら近年まで使われた。1960年代後半になってリレースイッチを使った2進法の電気的な計算機に代わり、さらにそれは数年で急速に発達した電子式の計算機に代わった。これらがコンピュータの原型となった。
    コンピュータの発達は、主要部品である「論理素子」の発展によるものであり,使われている論理素子の違いにより、4つの世代に分けて説明することができる。「第1世代1946年~1958年代頃」主に論理素子として真空管が用いられた時代を指す。1946年、米国ペンシルバニア大学で当時ラジオや通信機器に使われていた真空管を論理素子に使い、J.P.エッカート、ジョン・モークリーという2人の博士によって設計され、ENIACと名づけられた初めてのコ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。